エレクスのWebサイトテストでは、リリース予定日にWebサイトが問題なくリリースできることを目指したWebサイトテストの設計・実行をします。

エレクスのWebサイトテストは単なるバグ取りに留まらず、そのWebサイトが訴えたいテーマを効果的に伝えられるサイトにするため、画面遷移などUI(ユーザーインターフェース)およびUX(ユーザーエクスペリエンス=顧客体験)の最適化も可能です。

また、エレクスでは携帯電話主要3キャリアの端末を用意した上で、ご要望のハードウェア上でのWebサイトテストの実行が可能です。自社でもWeb制作を行っている上、Webアクセシビリティに対する取り組みを進めているエレクスだからこそ、様々な端末、また様々な利用状況での閲覧に対応可能なWebサイト制作のサポートが可能です。

ご要望に合わせて、テストの範囲を決定します。

Webサイトテストに役立つダウンロード資料

エレクスのWebサイトテストの特徴

Web制作のノウハウ

エレクスでは自社でもWeb制作を行っています。 そのため、最適なWebサイトテストの提案が可能です。 また、Webアクセシビリティに対する取り組みを進めているエレクスだからこそ、単なるバグ取りに留まらない、UI・UXにまで踏み込んだテスト設計・実行が可能です。

3キャリアの端末をご用意

KDDI、ソフトバンク、NTTドコモの主要3キャリアの最新機種をはじめ、多数の端末をご用意できます。 ご要望に合わせて最適なテストプランを提案します。

豊富なヒューマンリソース

高品質なテストサービスを提供するため、エレクスではテスト技術者の教育制度が充実しています。 組織的なバックグラウンド・技術基盤により、常に高品質なサービス提供が可能です。 システム品質の向上を求める方の力になります。

ニアショアによるコストメリット

エレクスは国内で4つの拠点を持ち、そのうち沖縄支店はニアショア拠点として活動しています。 「テストを外注したいけど、そこまでコストはかけられない」という方でもご利用いただけるよう、コストを抑えたサービス提案が可能です。

人件費が固定から変動

人件費が変動費化し、時期に応じて、必要な人件費しかかかりません!

Webサイトテストの流れ

1.ヒアリング

テスト対象の仕様を調査し、問題の抽出を行います。

2.機種選定

対象となるOS/機種/ブラウザを選定します。

3.テスト計画

テストの目的を定義し、どのように実施するか(資源/コスト/スケジュール)戦略を立てます。

4.テスト設計

テストの目的に沿ってテストケースを作成します。

5.テスト実施

設定されたテストケースに基づいてテストを実行し、結果を検証します。

6.サマリ提出

テスト実行結果や検出したバグなどの品質情報を報告書にまとめます。