ソースコード解析

エレクスのソースコード解析は、ソースプログラムの課題点を摘出し、レポーティングします。

開発者自身によるソースコード解析では、客観的な評価基準がわからなかったり、不具合に気づかなかったりすることが良くあります。

エレクスは第三者として客観的に検証することで、気づきづらい不具合を発見し、お客様のシステムの品質維持に貢献いたします。

ソースコード解析に役立つダウンロード資料

以下に該当する方は要チェック

  • そもそもソースコードの客観的評価基準がない・・・
  • 製品出荷後に発生する不具合がなかなか減らない・・・
  • 開発者の負担軽減と品質向上を両方実現したい・・・
これらのお悩み全て「解決」いたします!

ソースコード解析の特徴

  • 20年の経験と実績

    エレクスは20年の開発・テスト経験を活かし、プロフェッショナルとしてテストを体系化しております。ソースコード解析においても、計画的に正確に解析を行うことで、お客様のシステムのパフォーマンスの維持に貢献します。

  • 開発者の負担軽減

    テストの専門家であるエレクスがソースコード解析を請け負うことで、開発者が本業である開発に専念することを可能にし、システムの品質向上に貢献します。

  • 人間の目も光らせます

    単に解析ツールにかけるだけで終わりではありません。ツールでわかることはほんの一部です。20年の開発実績があるからこそ、経験豊かな人間の目がモノを言うのです。

ソースコード解析の流れ

1.ヒアリング 解析対象プログラムの要件を調査し、問題の抽出を行います。
2.テスト計画 解析の目的を設定し、どのように実施するか(資源/コスト/スケジュール)戦略を立てます。
3.解析実施 ツールによる静的解析を行い、急を要する問題があれば速やかに報告します。
4.サマリ提出 解析結果や検知された問題点、対処方法などを報告書にまとめます。

導入実績